■プロフィール

おかばん

Author:おかばん
キャンピングカー(コルドランディ)の購入を機にくるまでの旅行を中心に書こうと思います。
2013年末納車されました。
過去の旅行記も掲載していこうかと思います。
お出かけ等の参考になれば。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

出雲大社参り ~島根県~
道の駅大社ご縁広場で仮眠のあと、朝からお参りします。
出雲大社にも広い無料Pがあるので、そちらに移動してから行動開始しました。
道の駅からでもそれほど変わらないかもしれません。

出雲大社から南へ続く神門通りの一番南、石の鳥居。
shimane_20151218_01.jpg

北へ歩くと、木の鳥居。
shimane_20151218_02.jpg

鳥居をくぐると下り坂で本殿へ続いています。
shimane_20151218_03.jpg

三番目の鳥居、鉄の鳥居。
shimane_20151218_04.jpg


次のの鳥居の前に、定番の像があります。
shimane_20151218_05.jpg
shimane_20151218_06_t.jpg

そして四番目の銅の鳥居。
shimane_20151218_07.jpg

入るとすぐに牛と馬がお出迎え。
shimane_20151218_08.jpg

拝殿でお参り、
shimane_20151218_09.jpg

そして本殿。
shimane_20151218_10.jpg

本殿前の地面には、赤い丸があります。
2000年の境内の発掘調査で見つかった、柱の跡らしい。
3本の大木をまとめて1本の柱にしていたという。
shimane_20151218_11.jpg

出雲大社の隣の博物館で発掘された実物が見られます。
昔はどんだけ大きな本殿だったのか。
写真OKでした。
shimane_20151218_12.jpg

博物館には当時の想像の本殿1/10模型も。
shimane_20151218_13_t.jpg
shimane_20151218_14_t.jpg

巨大なしめ縄がある神楽殿とその手前のこちらも特大の国旗。
shimane_20151218_15_t.jpg

お参りの合間には出雲そば。
shimane_20151218_16.jpg

滞在中何店かで食べましたが、
一番のお気に入りは神迎の道(稲佐の浜へ続く道)にあった、
かねやというところ。
ただ、他にもたくさんのお店があったので次回行ったときには
また別の店を開拓したいですね。

腹ごしらえしたあとは稲佐の浜へ。

海が見えてきました。
shimane_20151218_17_t.jpg

ここから神様が来られるみたいです。
shimane_20151218_18.jpg

国譲りをせまった海岸とのこと。
shimane_20151218_19.jpg

博物館含めゆっくりまわったら1日がかり。
この日は道の駅キララ多伎で仮眠。
ここは海近くでロケーションがよいです。

そして帰宅の途へ。
今回は日本の起源を想像したりしながら
古事記由来の地をいろいろ巡るくるま旅でございました。



もしよろしければポチッとクリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
島根 | 00:49:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
出雲大社へ行く前に ~島根県~
鳥取県から島根県へ。
山陰自動車動が多くは無料区間で助かります。
まずは美保神社、大国主命の息子の事代主命がご祭神。
shimane_20151213_01.jpg

鳥居の前が駐車場のようです。
おばちゃんにうながされるまま停めたら、お土産屋さんのおばちゃんでした。
帰りにちゃんとお土産を買わないわけにはいかないですね。
shimane_20151213_02.jpg

本殿。
shimane_20151213_03.jpg

ここも絵馬がかわいらしい。
shimane_20151213_04.jpg

一旦鳥取県に入り、弓ヶ浜を通り、
shimane_20151213_05.jpg

揖夜神社。
名前がなんとなく神秘的ですが、
黄泉の国の入り口近くの神社とか。
shimane_20151213_06.jpg

鏡が見えます。珍しいかも。
shimane_20151213_07.jpg

続いて黄泉比良坂。
shimane_20151213_08.jpg

黄泉の国への入り口だと??
shimane_20151213_09.jpg

お次は八重垣神社。
shimane_20151213_10.jpg

ここは観光スポットにもなっているようで、
占い用紙に硬貨をのせて、沈む時間と動く距離で
縁結びの占いをする、という鏡の池があります。

いっぱい占い用紙が沈んでます。
shimane_20151213_11.jpg

透かし文字となっており、水に濡れるとが占い結果が出てくるようです。
shimane_20151213_12.jpg

さらにお次は日本初之宮という、須我神社。
shimane_20151213_13.jpg


ここの絵馬には日本初の和歌とともに須左之男命が描かれてます。
いままで行った他の土地の神社はこんな風に由来を描いていなかった気がします。
この辺りの神社の絵馬は凝っていて、その神社の特徴をよく現しているようです。
shimane_20151213_14.jpg

須我神社には奥宮が2kmほど先にあるようで、
shimane_20151213_15.jpg

駐車場から400mほど登ります。
shimane_20151213_16.jpg

夫婦岩。
shimane_20151213_17.jpg

本日はまだ出雲大社にたどり着けません。



もしよろしければポチッとクリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村



島根 | 23:51:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
砂丘やら神社やら ~鳥取県~
この時期ですが連休がとれたので遠出をしてみました。
埼玉からだと700kmほど、
鳥取から島根方面をランディで巡ります。

最近、古事記(日本神話)を読んで興味がわき、
そのゆかりの地を巡ろうかと思いました。
と、いいながらまずは話と関係ない鳥取砂丘。
tottori_20151212_01.jpg

あったかいイメージだが(砂漠のイメージ?)、季節は冬。
暑くはないです。
そういえば10数年前に初めて来たときは雪降っていました。

風が強いので、
地表すれすれは常に砂がとんでいます。
写真じゃわかりづらいかな。
tottori_20151212_02.jpg

風紋もできていました。
tottori_20151212_03.jpg

砂漠(砂丘)と言えば、らくだなのか、らくだ乗り体験もできるようです。
しかし残念ながら、らくだの撮影は有料とのこと。
写真は看板のみ。
tottori_20151212_04.jpg

つづいては因幡の白うさぎの話の舞台へ。
tottori_20151212_05.jpg

大国主命と白うさぎ。
tottori_20151212_06.jpg

うさぎがワニ(サメ)の背を渡ったという話ですが、
話の舞台とされる島との間に点々と岩があります。
こういう地形から話ができたのかな、と
実際に来てみて想像するのがおもしろいです。
話が先にできて、場所が後から当てはめられたのかもしれませんが。
tottori_20151212_07.jpg

白兎海岸の海は荒々しい。
tottori_20151212_08.jpg

道を挟んで向かいには、白兎神社。
tottori_20151212_09.jpg

狛犬ならぬ、狛うさぎが。
tottori_20151212_10.jpg

砂像もあったりしました。
tottori_20151212_11_t.jpg

本殿。
tottori_20151212_12.jpg

絵馬がかわらしい。
tottori_20151212_13.jpg

うさぎが体を洗ったという池。
tottori_20151212_14.jpg

本日はもう1つ行こうと思っていたところがあるのだが、暗くなる前に着けるか。

着きました、もう暗い。
tottori_20151212_15.jpg

赤猪岩神社。
tottori_20151212_16.jpg

大国主命が抱いて落命した、という岩。
tottori_20151212_17.jpg

翌日からは島根方面へ。


もしよろしければポチッとクリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村


鳥取 | 18:16:28 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad